写真スケッチ

写真加工スケッチ によりデジタル写真に基づいた美しい鉛筆画の作成が可能
あなたのデジタル写真をアート作品に変換!

 今すぐ購入
Sketch Drawer スクリーンショット.

Sketch Drawerソフトウェアを使用して、写真をスケッチまたは図面へと変換できます。様々な種類のスケッチプレセットを簡単に使用できます。

写真をスケッチへと変更する方法

SoftOrbitsのSketchDrawerソフトウェアを使用すると、プリセットの1つを使用して写真を図面に簡単に変換できます。写真をアップロードして、単色またはカラーのスケッチを選択できます。写真をスケッチにした後に、作品を保護するために透かしを簡単に追加できます。このソフトウェアは直感的で使いやすいです。様々なスケッチフィルターから選択して、あなた独自の芸術的傑作を作成できます。

 今すぐ購入
写真からスケッチを作成.

写真からスケッチへのコンバーターソフトウェア

Sketch Drawerソフトウェアを使用すると、カラースケッチや白黒スケッチを簡単に作成できます。 現実的、詳細なスケッチ、クラシックなどの3つの異なる変換スタイルがあります。それぞれに独自のプリセットセットがあり、使いやすくなっています。これは写真から素晴らしいアートを作成するのに役立つコンバーターです。

 今すぐ購入
写真からスケッチを作成.
写真からスケッチへの変換 - 結果のスケッチ.

写真からスケッチへの例

あなたの写真をスケッチへと変換させることが出来るいくつかの方法をご覧ください:

Photo to sketch example 0.
Photo to sketch example 0.
Photo to sketch example 0.
Photo to sketch example 0.
Photo to sketch example 1.
Photo to sketch example 1.
Photo to sketch example 1.
Photo to sketch example 1.
Photo to sketch example 2.
Photo to sketch example 2.
Photo to sketch example 2.
Photo to sketch example 2.
Photo to sketch example 0.
Photo to sketch example 0.
Photo to sketch example 0.
Photo to sketch example 0.

写真から鉛筆スケッチ

このプレセットを使えば、あなたの写真をペンシルで描いた絵のように見せることが出来ます。

写真をアニメ風の絵に変更する方法

あなたの写真が簡単にアニメのようになります。

写真をステンシルへと変換

写真からステンシルを作成する場合は、ペンまたはフェルトペンのプレセットを使用してステンシルを作成できます。

写真を線画へと変換

このプレセットは、画像の輪郭を描くことで画像を線画に変換することを許可します。この線画メーカーを使用する場合、次のような様々なプレセットから選択できます:シンプル、 図式、ペン、サインペン

プレセット

Sketch Drawerソフトウェアには、画像を図面に変換できるようなプレセットがあります。鉛筆画、カラースケッチ、外形図などの様々な種類の描画スタイルがあります。その使い方は簡単で、マウスを数回クリックするだけで写真を変換できます。

スケッチ絵画エフェクト

このソフトウェアの特徴の1つとして、鉛筆スケッチエフェクトを使用して写真を絵のように見せることができます。プレセットの1つを選択して図面の外観を決定できます。線を汚したり、カラーや白黒を使用したりすることができます。このプログラムを使用すると、いくつかの簡単な手順で写真をスケッチ図に簡単に変換できます。

なぜ写真を絵に変換するのですか?

写真を絵に変換する理由はいくつかあります。例えば、次のようなものがあります:

写真からスケッチを作成する例.

線画、スケッチ、鉛筆のポートレートなどをギフトとして作成できます

Tシャツにスケッチを追加

グリーティングカードの作成

あなたの部屋に飾る絵やポスターの作成

あなたの本やウェブサイトの為のユニークなイラストの作成

バッチ処理

図面に変換したい写真のグループがある場合は、バッチモードを使用してそれらをまとめて一度に処理できます。いくつかの簡単な手順で、複数の写真を鉛筆画に変えることができます。写真を図面に変換したい場合には、アップロードして使用するプレセットを選択すると素早く簡単に変換できます。

 今すぐ購入
複数の写真をスケッチに変換.

写真を鉛筆スケッチへと変換する方法:ステップバイステップガイド

このソフトウェアを使用して写真を鉛筆スケッチに変換する場合は、次の手順に従うだけです:

写真の追加

ファイルの追加を選択して、絵に変換する写真を追加できます。

スケッチを作成する写真を追加する.

スケッチスタイルを選択

次に、使用するスケッチスタイルである現実的、スケッチの詳細またはクラシックのいずれかを選択します。

スケッチスタイル.

プレセットを選ぶ

選択されたスタイルのプレセットを選んでプレビューを行います。

スケッチ効果プリセット.

完璧に見せる為のスケッチの設定の変更

あなたが希望するスタイルのプレセットを選択した後に、その他の調整を行うことが出来ます。次をご覧ください:

  • 輪郭オプション:ストロークの強さ、強度、太さなどを変更できます。
  • ハッチングオプション:エッジの強度、曲がり率、方向を変更できます。
  • 色付けオプション:[ヒストグラムの正規化]および[カラーシフト]を選択すると、鉛筆の色を変更できます。

スケッチの外観を設定する.

(オプション)いくらかのエリアのスケッチエフェクトを元に戻す

図面の一部のエリアのスケッチエフェクトをを元に戻したい場合は、ブラシを元に戻すを使用してスケッチエフェクトをキャンセルできます。これによってスケッチエフェクトを実際の写真と組み合わせて製品の一部を実際の写真にすることで、他の部分をスケッチにすることができます。

スケッチ効果を元に戻す.

(オプション)透かしのや作成者の署名の追加

透かし機能を選択して、透かしまたは作成者の署名を絵に追加できます。これにより、あなたのデザインを保護できます。

スケッチに作者の署名を加える.

結果を保存

結果を保存するか、バッチモードを実行して複数の写真を同時に図面に変換します。

 今すぐ購入
スケッチに変換された画像を保存する.

良いスケッチを作成するためのヒント

最良の結果の為に、次のガイドラインを使用してください:

2,000ピクセル以上のDPI(高解像度)であなたの画像をアップロード
非常に高い解像度(5,000ピクセル以上)でスケッチを作成しようとしている場合には、小さなプレビューでは見栄えがよくない場合があります。ズームインまたは印刷をして、細部を確認することができます。高めの解像度には、ポスターなどの大きな印刷画像にのみ使用してください。
草や葉などの細部を変換する必要がないように、少しぼやけた写真をアップロードしてみてください。

オンラインの写真からスケッチへの変換 VS スケッチドロワー

オンラインの鉛筆スケッチフォトエディターまたはスケッチジェネレーターを使用して、写真を変換できます。次の写真を使用して、コンバータプログラムをスケッチしてそれらの結果を比較できます:

Click or Drag & Drop Photos Here

Sketch Drawerで作成されたスケッチは非常にリアルに見えますが、利用可能な他のオンラインツールは非常に原始的なスケッチフィルターを生成します。このソフトウェアには強固なプレセットがあり、リアルなスケッチを素早くさらに簡単に強化することで、写真から素晴らしいアートを作成できます。

機能

Sketch Drawerプログラムには次の機能があります:

本物のようなカラードローと白黒スケッチ
写真に鉛筆スケッチエフェクトを適用
あなたのスケッチの外観のカスタマイズ
様々なプレセットがある3つの異なるスケッチエンジン
30を超えるプレセット
スケッチと写真の組み合わせ:ブラシを元に戻すを使用して、写真と絵画機能を組み合わせることが出来ます
透かしや作成者の署名を追加できます
質感のある表面を追加できます
複数の写真のバッチ処理
明るさ、コントラスト、切り取り、回転、自動および手動の画像補正などを含む簡単な写真編集

🙋よく聞かれる質問

写真を線画に変えるのは簡単です。まず、[ファイルの追加]アイコンから写真を追加します。そして線画機能を選択できます。シンプル、図式、ペン、またはサインペンから選択できます。 写真の被写体の輪郭を好きなスタイルで描くことができます。そして線画の図面を保存して全ての設定が完了します。

SoftOrbitsのSketchDrawerソフトウェアを使用すると、写真をスケッチに簡単に変換できます。 ファイルの追加ボタンから写真をアップロードします。次に、好みのスケッチスタイルを選択して、スケッチを作成するためのプレセットの1つを選択できます。白黒のスケッチまたは色付きのスケッチを作成できます。手動コントロールを使用して線の太さなどを変更できます。そのスケッチの仕上がりが気に入ったら、ファイルを保存します。

画像を絵のように見せるための最良の方法は、SketchDrawerプログラムを使用することです。 ファイルの追加をクリックして、写真をプログラムに追加できます。画面にファイルが表示されたら、好みのスケッチスタイルを選択して使用する描画のプレセットを選択できます。それを手動で調整して、描画の色または白黒を選択できます。絵に満足したら、それを保存できます。

手描きの絵を作成するときは、それをコンピューターにスキャンするか写真を撮ってアップロードできます。コンピューターに画像を配置したら、Sketch Drawerソフトウェアを開いて画像を変更または拡張できます。それはコンピュータ上の他の写真と同じように扱うことができ、ソフトウェアを使用すると絵を作成するために必要な変更を加えることができます。

もしあなたがPhotoshopを使って写真をスケッチに変換したい場合には、次の手順に従ってください:
  1. Photoshopで画像を開きます。
  2. [背景レイヤー]のアイコンをクリックしてドラッグします。レイヤーパネルの下部にある[新しいレイヤー]のアイコンをクリックします。
  3. レイヤーの彩度を下げるには、画面上部のメニューバーにある[画像]メニューに移動します。[調整]を選択して[彩度を下げる]を選びます。
  4. そして、彩度が低いレイヤーを複製します。[背景のコピー]レイヤーをクリックして、[新しいレイヤー]のアイコンまでドラッグします。
  5. 明るいエリアを暗くして、暗いエリアを明るくしてレイヤーを反転します。[画像]、[調整]、[反転]の順に選択できます。
  6. 次に、レイヤーのブレンドモードを変更する必要があります。レイヤーパネルの左下にこのオプションはあり、普通に設定されてあります。それをクリックして、リストから[カラードッジ]を選択します。
  7. これで、スケッチの全体部分を作る準備が整いました。ガウシアンぼかしをスマートフィルターとして適用できます。レイヤーをスマートオブジェクトとして変換するしなければなりません。レイヤーパネルの右下隅にあるメニューアイコンをクリックします。次に、このメニューから[スマートオブジェクトに変換]を選択できます。これでレイヤーのプレビューサムネイルの右下隅に小さなスマートオブジェクトアイコンが表示されます。
  8. そして、[フィルターメニュー]に移動して[ぼかし]を選択します。そしてガウシアンぼかしを選択します。[半径スライダー]を使用してぼかしの量を制御できます。もしあなたがより引く半径を使用する場合、スケッチ上に細い線が表示されて値が大きいほど写真のようにリアルになります。あなたが好む方をお選びください。 調整が終了したら、OKをクリックしてください。
  9. これで、[レベル調整]レイヤーを追加できます。レイヤーパネルの下部にある[新しい塗りつぶし]および[調整レイヤー]をクリックします。レベルを選択するとPhotoshopがレベル調整レイヤーを追加します。
  10. そしてPhotoshopの[プロパティ]パネルに移動します。もしスケッチを暗くしたい場合、ブレンドモードで普通から乗数に変更できます。不透明度を調整して暗さの量の微調整が行えます。
  11. これで白黒のスケッチが出来ましたが、3つ目の[背景]レイヤーのコピーを作成する必要があります。ダブルクリックを押して名前を変更して、[Enter]を押します。
  12. 次に、[色]レイヤーをスタックの上に移動します。それをクリックして上までドラックします。
  13. [ブレンド]モードに移動して、普通からカラーに変更します。これを行うことで、Photoshopが図面に色を付けることを許可します。あなたが望む仕上がりが得られるまで、不透明度を調整することが出来ます。
  14. 仕上がりに満足したら、それを保存します。
  15. これで、写真から絵を作成できました。
  16. 単色を使用して色を付けることも出来ますが、これがあなたの写真から絵を作成する最善の方法です。

デジタル写真は、あなたが好きなように自分の写真を編集して最適化する前例のない自由をあなたに与えます。デジタル写真はデジタルアーティストがベクトルアートに変換するなど、古い写真に新しい命を吹き込むことができます。

もしあなたに過去に撮った素晴らしい写真があってそれらをスケッチに変換することに興味がある場合、かなり多くの数のオプションがあなたにはあります。最も明白なオプションは、あなたのためにそれをスケッチするデジタルアーティストを雇うことです。ただし、雇う余裕がない場合はどうなりますか?ありがたいことに、最新のイメージングツールを使用すると、簡単にそれを実行できます。 Sketch Draswerソフトウェアがあれば、あなたに必要なのはプログラムを実行できるコンピューターだけです。あなたがそれを使うのに必要な努力は多くなく、非常に使いやすいです。

現在、多くの人がこのプログラムを使うことでコンピュータのリソースに負担をかける可能性があるかもしれないと心配しているかもしれません。 ですか、心配する必要はありません。それは信じられないほど軽量で、多くのスペースを必要としません。

写真をスケッチに変換

あなたのデジタル写真がアート作品に変身! SoftOrbits Photo to Sketch Converterがたった数回のボタンクリックやスライド動作で写真をスケッチに変換
Photo to Sketch Converterが正確なストロークを描きだし、ペンを握らずともただの写真からカラフルなハンドメイドの鉛筆画を作成することができます。写真からスケッチへの変換が楽しく!

写真をスケッチに変身させるには?

写真を鉛筆画に変身させるのはアーティストでなくとも思っているほど難しくはないんです。事実、写真をスケッチに変えるのに必要なのはphoto to sketchソフトウェアが搭載されたパソコンのみ。プログラムは早く小さく、使い方は驚くほど簡単。写真を開き、仕上がりに満足するまでスライダーを動かし、保存をクリックするだけで美しい鉛筆画が!

あなたのクリエイティビティが開花

無数のプリセットで写真をペン画や鉛筆画に変換、カラー絵や水彩画の作成がたったの数分で。それぞれのプリセットを使いあなたが望むスタイルに完璧にマッチする絵を作成することができます。


カラフルな鉛筆画がワンクリックで

正確なストロークで描かれた美しいカラースケッチを作り出すのが今までにないほど簡単。色鉛筆がなくても大丈夫!写真をカラースケッチに変身させるのに必要なのはPhoto to Sketch Converterだけ。

Photo to Sketch Converterでカラーも白黒のスケッチも同じように簡単作成。写真をカラースケッチに変身させるにはColor Sketchボックスをチェックして色鉛筆で描くか、白黒ならボックスのチェックを外して黒鉛筆で描きます。 画像をスケッチに変換しJPEGファイルとして保存するのに必要なのは数回のクリックとストロークだけ。 マルチアート・オプションで写真がスケッチに変身。

写真からスケッチへの一括変換

全て同じオプションで複数の写真をスケッチに変身させたい場合は?写真が何枚あっても問題なし! Photo to Sketch Converterのバッチモードで初心者でも簡単に写真をスケッチに簡単変換。バッチモードでは一つの写真だけでなくフォルダー丸ごと処理可能。始める前に全ての設定を忘れずに調節するだけで、数分後には何枚もの完璧なスケッチが!

あなたのチームのスケッチアバターを作成

Sketch Drawer スクリーンショット person 1 person 2 person 3 person 4


Sketch Drawer 8.1

Comments (0)

No comments yet. Be the first!
Add Comment
1000

評価する Sketch Drawer

Sketch Drawer
  • Windows Vista
  • Windows 7
  • Windows 8
  • Windows 10
著者: SoftOrbits (English)
4.35 stars 平均評価: 4.35 出身 37 投票数
// Flickity (handles touch enabled carousels and sliders) -->